2012/09/09

片山さつきさんの夫、片山龍太郎さんが会社を潰した件

片山さつきさんの夫は片山龍太郎さんといい、マルマン株式会社の創業者のご子息でした。

お笑いコンビ「千原兄弟」の千原せいじさんが、あるテレビ番組で「片山さつきさんの夫も会社を潰している」と発言したことに対し、片山さつきさんが「夫の会社を潰してやると脅迫された」と誤解したことから話題になりました。

当時、Twitterにて帝国データバンクの当該情報のポインタを頂きました。たしかに片山龍太郎さんはマルマンの取締役社長でありながら、同社を潰してしまってますね。

(2)時計・喫煙具販売の(株)不忍商事(旧商号=(株)マルマン)(負債170億円、東京都)は、喫煙具部門、ゴルフ部門、時計部門、家電部門、健康食品部門、宝飾品部門と事業を多角化していたが、積極的な営業策が裏目となり、ゴルフクラブなどの不良在庫を抱えたことなどから経営難が表面化、事業撤退などによる再建を進めていたなか、新設会社に事業を移管し、旧会社については商号を(株)マルマンから(株)不忍商事へ変更したのち、特別清算による処理となった

http://www.tdb.co.jp/report/tosan/syukei/0105.html

1994年6月マルマンゴルフ、 1995年11月マルマンの取締役社長に就任、経営危機に陥った同社グループを再建、上場を果たした[要出典]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E5%B1%B1%E9%BE%8D%E5%A4%AA%E9%83%8E

95年11月に片山龍太郎さんが取締役社長に就任、社名を「不忍商事」に変更して2001年5月に特別精算(倒産)負債額は170億円でした。同時に「マルマンコーポレーション」という名前で新会社を作り(休眠会社の再利用)、片山龍太郎さんは新会社の役員に就任しました。

なので「再建」(Wikipediaによる)といっても、債務を旧会社に負わせて債権者(銀行)に押しつけただけなんですね。体のいい「踏み倒し」です。

千原せいじさんが指摘したのは、このことでしょう。

95年に社長に就任したものの、01年に倒産するにいたり、けっきょく「再建」できなかったわけです。この前後にわたる複雑な経緯はWikipediaにも記載があります。

なお、Wikipediaの片山さつきさんや片山龍太郎さんの個人項目は過剰に美化されている傾向があり、そのまま信用することは危険なので注意が必要です。

※ちなみにマルマンの負債額170億円は、2010年の生活保護の不正受給額128億円よりも大きな額になりますね。

マルマンゴルフ(松飛台工業)負債330億円(2012/09/17追加)

帝国データバンクや東京商工リサーチの発表をまとめているページがありました。マルマンの関連会社マルマンゴルフの倒産の経緯が簡潔にまとめられています。

2-2-92 松飛台工業(株)(旧商号=マルマンゴルフ(株))(ゴルフクラブ製造販売、ゴルフ用品販売。資本金3億1200万円、東京都台東区池之端1-4-21、代表清算人片山龍太郎)【帝国データバンク2002/02/14】【東京商工リサーチ 2002/02/14】
 1971年(昭和46年)6月、マルマンゴルフ(株)の商号で設立。「2-2-57 (株)不忍商事〔旧商号:(株)マルマン〕」の傍系会社
 2001年(平成13年)5月、商号を松飛台工業(株)に変更し、営業権を受け皿会社(マルマンゴルフ(株)(東京都台東区))に譲渡
 2001年(平成13年)12月19日開催の株主総会で解散を決議
 2002年(平成14年)1月30日、東京地裁から特別清算開始決定。負債は約330億円

http://www1.odn.ne.jp/~cjq24190/insolvent%20cases/22special01.html

マルマン本社170億円、マルマンゴルフ330億円、負債額は合わせて500億円になりますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿